Culture | 南大阪という地だからこそ、生まれたウメビーフ

culture_umebeef

「まずは食べてみて」
と差し出されたお皿の上には細かなサシの入ったうす桃色のお肉。生のお肉に粗塩を少しつつけて口に運ぶと、なんともあっさりとした味わい。牛肉ってこんなに繊細なものだったのかと驚かせてくれたのが原野牧場の『ウメビーフ』です。

今回の&Rice取材班は、堺区の東湊電停の近くにある原野牧場を訪ねました。街中の住宅街にある畜舎からは動物臭はせず健康で清潔な雰囲気が漂っています。

“First of all, please taste our beef”
“Ume Beef” from Harano Ranch, once you have this beautiful pale pink beef with some salt, you will be surprised at the taste of the delicate work.
We &Rice visited Harano Ranch in Sakai nearby Higashi-Minato Dentei. The healthy and clean atmosphere are seen from the barn where is located in a residential area.

IMG_9196

牛の体も水で出来ている

ウメビーフは牛に梅の実を食べさたことが由来ですが、社長の原野祥次さんが最初に取り組んだのは「水」でした。
「人間の体は70%が水で出来ています。アトピー対策で飲む水を代えたりするのと同じで、牛の体も水で出来ているんやから、水を代えようかというのが最初だったんです」
使用しているのは、普通の水道水にセラミックスの浄水器を通したもの。乳牛の乳の出がよくなったからと酪農家から紹介されたのですが、最初は半信半疑でした。
「酪農は牛が健康になればいい牛乳がとれるやろうけど、肥育はメタポにするわけやから逆やろ。意味がないんちゃうかと思ったんです」
しかし、浄水器の水で飼育されたホルスタインのおばあさんの牛の肉で4等級という高い評価の肉が出たと聞いて驚きます。
「ホルスタインで4等級やったら、和牛やったら全部5等級になるぞ! と思って使うことにしたんです」
浄水器を導入した年は丁度猛暑で、普通なら餌の食いが悪くなるのですが、食いも良くすくすくと牛は育ち、これまた好成績を連発したのでした。
「これやったら高い子牛買って来ることないと思ったね。それで肉を食べてみたら驚いたよ。大体(高評価の)5等級の肉は脂がギトギトで僕は3切れも食べられないんやけど、同じ5等級で脂があっさりしていくらでも食べられるんやから」

“Finding Water”
The name of “Ume Beef” has originated from feeding a Japanese apricot to cattle but the first thing Mr. Harano Shoji the president of Harano Ranch tackled was “Water”. Mr. Harano said “As the amount of water in the human body ranges 70%, my first challenge was to find it which is suitable for our cattle.” Today, they use the purified water which was introduced by some other dairyman for the better performance of milk cows, but it was doubtfully introduced to his ranch. “Making cattle healthy enable dairy farmers to produce nice milk, however I felt that fatting was an opposite work and didn’t work.”
However, contrarily and surprisingly the old Holstein raised by purified water won the fourth class. “If Holstein gets the fourth, Wagyu would get the fifth! That’s why I decided to keep using it.” Even heat wave summer, cattle grew healthier than usual and continuously got good results.
“I felt that expensive calves were no longer needed for us. Also, I was surprised at the taste of the fifth grade beef. I eat little the extremely rich fifth one but our beef was completely different.”

Next : 梅との出会い

Next : A wonderful encounter Japanese apricot “Ume”

1 2 3
Pocket

Related Link

AD
ナカモズグレイト!
包丁どっとこむ
ダイヨーセンコー
つーるど堺